サドラーズウェルズ(Sadler’s Wells)が死亡

アイルランドのクールモアスタッドの発表によると2011年4月26日に、ヨーロッパの偉大な種牡馬サドラーズウェルズ(Sadler’s Wells)が30歳で死亡したそうです。死因は自然死と発表されました。サドラーズウェルズ(Sadler’s Wells)は1984年に現役を引退して以来、数々の名馬を生み出し、主な産駒にカーネギー、モンジュー、ガリレオ、ハイシャパラルなどがいて、その他にもG1勝馬は60頭を超えます。ケンタッキーダービー前に残念なニュースですが、30歳まで生きたのなら大往生ではないでしょうか。また偉大なサドラーズウェルズの血は産駒から産駒へと伝えられていくことと思います。
サドラーズウェルズが勝利した1984年フェニックスチャンピオンステークス
2008年、クールモアスタッドで撮影されたサドラーズウェルズ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>