2011年 King’s Bishop S(キングスビショップS)(G1)の結果

2011年8月27日 King’s Bishop S 7ハロン (1400m) サラトガ 3歳牡馬
22.1   44.4   1:09.1   1:21.2
ベイヤー指数:106
1着:Caleb’s Posse(ケイレブパッシー) 1:21.2
2着:Uncle Mo(アンクルモー) 鼻差
3着:Justin Phillip (ジャスティンフィリップ) 2 1/2馬身
4着:Dominus (ドミナス) 1馬身
5着:Flashpoint (フラッシュポイント) 4 1/2馬身
6着:Poseidon’s Warrior (ポセイドンズウォーリアー) 3 1/4馬身
7着:Runflatout (ランフラットアウト) 頭差
8着:Cool Blue Red Hot (クールブルーレッドホット) 1馬身

前年のBCジュベナイル勝ち馬のUncle Moの復帰戦です。当然のことながらUcnle Moが断然の1番人気に支持されます。2番人気に前走Jersey Shore S(G3)を7馬身差で逃げ切ったFlash Pointが支持され、離れた3番手に前走アムステルダムSを最低人気で豪快に差しきったCaleb’s Posseが支持されます。

ゲートが開きRunflatoutとFlashpoint、Poseidon’s Warriorの3頭が激しい先行争いをしながらレース引っ張ります。Uncle Moは3頭から4馬身ほど離れた4番手を追走し、Caleb’s Posseは最後方を進みます。直線に入りUncle Moが力強く抜け出しますが、大外からCaleb’s Posseが豪快な脚で追い込んできます。ゴール板でCaleb’s PosseがUncle Moを鼻差で差しきって勝利しました。Uncle Moは復帰戦にしては上々のレースぶりでした。そして勝ったCaleb’s Posseには驚かされました。前走のアムステルダムSはフロックかと思っていましたが、どうやら本当に強い馬のようです。

Caleb’s Posse(ケイレブパッシー)の父:Posse(ポッセ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>