2011年 Pat O’Brien S(パットオブライエンS)(G1)の結果

2011年8月28日 Pat O’Brien S 7ハロン (AW1400m) デルマー 3歳以上
22.2   44.1   1:08.3   1:21.2
ベイヤー指数:104
1着:The Factor (ザファクター) 1:21.2
2着:Camp Victory(キャンプヴィクトリー) 1 3/4馬身
3着:Crown of Thorns(クラウンオブソーンズ) 頭差
4着:Smiling Tiger(スマイリングタイガー) 1/2馬身
5着:Don Tito(ドンティトー) 8 1/4馬身

トリプルベンドH(G1)の勝ち馬で、前走、ビングクロスビーS(G1)で2着に敗れたSmiling Tigerが1番人気に、差のない2番人気に約5ヶ月の休養明けの3歳馬、The Factorが支持されます。

ゲートが開き、Smiling Tigerが勢いよく飛び出し先頭に立ちます。その直後に並ぶような感じでThe Factorが2番手を追走します。2頭で競り合いながら速いペースでレースを引っ張ります。直線に入りThe FactorがSmiling Tigerを引き離し先頭に立ちます。前半に競り合った分最後はバテましたが、2着に1 3/4馬身差をつけて勝利しました。ラップ、タイムともに優秀ですが、この日はパシフィッククラシックでトラックレコードを記録するなど速いタイムが出ていたため、どれぐらいのベイヤー指数が出るのか予想ができません。しかしThe Factorのレースの中身に関しては非常に強い内容で、古馬のスプリンター戦線でトップ級のSmiling Tigerに終始、半馬身ほど前に出られてつつかれながらも、逆にSmiling Tigerを競り潰してしまうとは驚きました。7ハロンに関してはThe Factorが現役最強かもしれません。今後が非常に楽しみです。

The Factor(ザファクター)の父:War Front (ウォーフロント)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>