2011年Blue grass S (ブルーグラスステーク)

2011年Blue grass S (ブルーグラスステークス)はBrilliant Speed(ブリリアントスピード)が勝ちました。終始、最後方を追走し直線で外に出して、早め先頭に立って逃げねばるTwinspired(トゥインスパイアード)を差しきりました。レースのラップは

25.0 50.1 1:14.3 1:38.3 1:50.4

前半がゆったりとしたペースで中盤からラップが早くなっています。最後の1ハロンが12秒1です。この流れを最後方から差しきった、Brilliant Speedは中々強いのではないでしょうか。1番人気のsantiva(サンティヴァ)は終始インコースを回って、直線では前が壁になり力を発揮できませんでした。ちなみにこのレースは上位を人気薄の馬達が占め、3連単が6,006ドル、4連単が129,093ドルの大荒れ配当になりました。今年は絶対的な本命馬が出ずにここまできたケンタッキーダービーのトライアルですが、ブルーグラスの結果でさらに混沌としてきました。今年のケンタッキーダービーは何が勝つかはもちろん、人気ですら予想するのが難しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>