2011年 Canadian S(カナディアンS)(G2)の結果

2011年9月18日 Canadian S  1 1/8 (芝1800m) ウッドバイン 牝3歳以上
24.0   47.3   1:45.0
ベイヤー指数:97
1着:Never Retreat(ネバーリトリート) 1:45.0
2着:Perfect Shirl(パーフェクトシール) 1/2馬身
3着:Stars to Shine(シェアートゥーシャイン) 1馬身
4着:Fantasia(ファンタジア) 1/2馬身
5着:Miss Keller(ミスケラー) 1馬身
6着:Shared Account(シェアードアカウント) 1/2馬身
7着;Zagora(ザゴラ) クビ差
8着:Bay to Bay(ベイトゥーベイ) 1馬身
9着:Magic Broomstick(マジックブルームスティック) 1/2馬身
10着:Apple Charlotte(アップルシャルロット) 3/4馬身
11着:Forest Uproar(フォレストアップロアー) 頭差
12着;Mekong Melody(メコンメロディー) 3馬身
13着:Hooh Why(フーワイ) 7 3/4馬身
14着:Woolly Bear(ウォーリーベアー) 4 3/4馬身

2011年のCanadian Sは14頭立ての多数頭のレースになりました。1番人気は前走、Diana H(ダイアナH)(G1)を勝利したZagoraが支持されます。

ゲートが開き、Woolly Bearが先頭に立ちます。Zagoraは後方2番手を追走します。淀みないペースでレースが流れます。4角手前あたりで、2番手を追走していたNever Retreatが手ごたえよく先頭に立ちます。Never Retreatが先頭のまま直線を迎え、直線に入ってすぐに後続を突き放しにかかります。結局最後までNever Retreatの脚色は衰えずに2着に1/2馬身差をつけて勝利しました。

1着:Never Retreat(ネバーリトリート)の父:Smart Strike(スマートストライク)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>