2011年、ケンタッキーダービーまでの道のり~2月重賞①~

El Camino Real Derby G3 ゴールデンゲート競馬場 2011

23.4   48.0   1:12.1   1:37.3   1:50.2ベイヤー指数:93
2011年2月12日 ゴールデンゲート競馬場 1 1/8 El Camino Real Derby(エルカミーノレアルダービー)
1着:Silver Medallion(シルバーメダリオン) 1:50.2
2着:Jakesam(ジェイクサム) 1 1/4馬身
3着:Positive Response(ポジティブリスポンス) 3/4馬身
4着:Comma to the Top(コンマトゥーザトップ) 2 1/4馬身

終始淡々としたペースで流れて、3角から捲くりあいで最後はSilver medallionが差しきり勝ちしました。レースレベルはそこまで高くないと思います。4着のComma to the Topがダービーへ出走しますが、見ての通り、コーナーリングが下手糞なので、この馬の煽りをくらう馬がでるかもしれません。

Robert B. Lewis S. G2 サンタアニタ競馬場 2011

22.2   45.3   1:09.4   1:35.0   1:48.3ベイヤー指数:90
2011年2月12日 サンタアニタ競馬場 1 1/8 Robert B. Lewis S(ロバート・B・ルイスステークス)
1着:Anthony’s Cross(アンソニーズクロス) 1:48.3
2着:Riveting Reason(リヴェティングリーズン) 鼻差
3着:Quail Hill(クワイルヒル) 4馬身1/4

スプリント戦並みのラップで断然1番人気のTapizarが逃げました。それをマークする形でAnthony’s Cross(アンソニーズクロス)が2番手追走、直線入り口でTapizarをせり潰し、さらにRiveting Reason(リヴェティングリーズン)の猛追を鼻差で凌ぎきりました。超のつくハイーペースを2番手で追走し、早めに前の馬を競り潰し、後ろの馬にも競り負けなかったAnthony’s Cross(アンソニーズクロス)のレース内容は非常に高いパフォーマンスだったと思います。

2011 Sam F. Davis G3 タンパベイタウンズ競馬場 2011

23.2   48.1   1:13.0   1:38.1   1:45.0ベイヤー指数:83
2011年2月12日 タンパベイタウンズ競馬場 1 1/16 Sam F. Davis(サム・F・デーヴィス)
1着:Brethren(ブレスレン) 1:45:0
2着:Too Experience(トゥーエクスペリエンス) 4馬身
3着:Watch Me Go(ワッチミーゴー) 1馬身

断然人気のBrethren(ブレスレン)が早め先頭に立ち後続を突き放すレースでした。ラップ、タイム、内容ともに低レベルなレースだったと思います。激しい競り合いもなく教科書に書いてあるような単調な競馬でした。

2011 Risen Star Stakes G2 フェアーグランド競馬場 2011

24.3   49.1   1:13.3   1:37.3   1:43.4ベイヤー指数:94
2011年2月19日 フェアグランド競馬場 1 1/16 Risen Star S. (リズンスターS)
1着:Mucho Mcho Man(ムーチョーマッチョマン) 1:43:4
2着:Santiva(サンティヴァ) 1馬身1/2
3着:Rogue Romance(ローグロマンス) 1馬身1/4
6着:Pants On Fire(パンツオンファイアー) 11馬身

人気のMucho Mcho Man(ムーチョーマッチョマン)が2番手追走から3角辺りから捲くりあがり、直線入り口で後続を突き放して勝利しました。ラップ、タイムはそんなに素晴らしいものではないですが、レースぶりは見事でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>