2011年、ケンタッキーダービーまでの道のり~2月重賞②~

San Vicente Stakes G2 サンタアニタ競馬場 2011

22.1   43.2   1:07.1   1:20.1   ベイヤー指数:102
2011年2月20日 サンタアニタ競馬場 7F San Vicente S.(サンヴィセントS.)
1着:The Factor(ザファクター) 1:20.1
2着:Sway Away(スェイアウェイ) 3/4馬身
3着:Premier Pegasus(プレミアペガサス) 2 1/2馬身

人気のThe Factorが猛烈なラップで逃げて、速いタイムで逃げ切りました。前半4ハロン目が43.2ですから信じられないぐらいの猛ペースです。サンタアニタ競馬場のスプリント戦でも4ハロン目が43秒前半だと、まず間違いなく前目の馬は潰れるのですが、7ハロンのレースでこのラップで逃げ切るとは恐れ入りました。文句なしに優秀なレース内容です。ただ10ハロンのケンタッキーダービーの参考にはならないと思います。

Southwest Stakes. G3 オークローンパーク競馬場 2011

22.3   46.4   1:12.0   1:25.0   1:38.1ベイヤー指数:89
2011年2月21日 オークロンパーク競馬場 1マイル Southwest S.(サウスウエストS)
1着:Archarcharch(アーチアーチアーチ) 1:38.1
2着:JP’s Gusto(ジェーピーズガスト) 1馬身
3着:Elite Alex(エリートアレックス) 1馬身1/4

人気薄の馬たちが先行して早めにバテて、4番手を追走していたアーチアーチアーチが直線手前で早めに先頭に押し出される形になり、そのまま脚色が衰えず1着でゴール。余裕のある勝ちっぷりでした。ラップ、タイムともにあまり良いとは言えませんが、勝ったアーチアーチアーチに関してはまだ余裕があった感じです。

Fountain of Youth G2 ガルフストリーム競馬場 2011

24.1   47.4   1:12.2   1:37.0   1:50.1ベイヤー指数:96
2011年2月26日 ガルフストリーム競馬場 1 1/8 Fountain of Youth (ファンテインオブユース)
1着:Soldat(ソルダット) 1:50:1
2着:Gourmet Dinner(ゴーメットディナー) 2馬身
3着:To Honor and Serve(トゥーアナーアンドサーブ) 4馬身3/4

ソルダットがゆっくりとハナに立ち、2ハロン目辺りからずっと他馬に競られる展開。最後まで先頭を譲ることなく1着でゴール。1番人気のソルダットが道中きついマークをされたために中間が緩みないラップになっています。厳しい展開にもしっかりと人気に応えてみせたソルダットの今回のレース内容は中身が濃いものだったと思います。

2011 Hutcheson Stakes G2 ガルフストリーム競馬場 2011

22.0   44.2   1:08.4   1:22.0   ベイヤー指数:102
2011年2月26日 ガルフストリーム競馬場 7F Hutcheson S. (ハッチェソンS)
1着:Flashpoint(フラッシュポイント) 1:22:0
2着:Travelin Man(トラヴェリンマン) 7馬身1/4
3着:Little Drama(リトルドラマ) 1馬身1/4

フラッシュポイントが2番手で、逃げる断然人気のトラヴェリンマンをマークする形で、速いラップを刻みながら道中進みます。直線入り口でフラッシュポイントがトラヴェリンマンを交わし、そのまま差を広げて7馬身差の圧勝でした。ラップ、タイム、レース内容、全てが見事としか言いようがありません。ただ10Fのケンタッキーダービーとは全く異質なレースでダービーの参考にはなりにくいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>