2011年 Canadian International S(カナディアンインターナショナルS)(G1)の結果

2011年10月16日 Canadian International S 1 1/2 (芝2400m) ウッドバイン 3歳以上
25.2   52.0   1:17.3   1:42.4   2:34.4
ベイヤー指数:108
1着:Sarah Lynx(サラリンクス) 2:34.4
2着:Joshua Tree(ジョシュアツリー) 4馬身
3着:Treasure Beach(トレジャービーチ) 2馬身
4着:Arctic Cosmos(アークティックコスモス) 3/4馬身
5着:Quest For Peace(クエストフォーピース) 3/4馬身
6着:Musketier(マスケティアー) 2 3/4馬身
7着:Redwood(レッドウッド) 1 1/2馬身
8着:Mores Wells(モアーズウェルズ) 3/4馬身
9着:Laureate Conductor(ローリートコンダクター) 1 34馬身
10着:Celtic Conviction(セルティックコンヴィクション) 1 1/4馬身
11着:Kara’s Orientation(カラーズオリエンテーション) 3 1/4馬身
12着:Rahystrada(ライーストラード) 3/4馬身
13着:Simmard(シマード) 1馬身
14着:Mikhail Glinka(ミカエルグリンカ) 2 3/4馬身
15着:Miami Deco(マイアミデコ) 4 3/4馬身
16着:Bronze Cannon(ブロンズキャノン) 17 3/4馬身

Irish Derby(G1)の勝馬で、前走、凱旋門賞で14着に大敗しているTreasure Beach(牡3)が1番人気に支持されます。2番人気にアイルランドのQuest For Peaceが支持されます。

ゲートが開き、Kara’s Orientationがすぐに先手を奪います、多数頭にも関わらず、すぐに隊列が決まってスローペースでレースが流れます。3角すぎまでゆったりとしたペースで流れますが、最終コーナー手前あたりで全馬が一斉に仕掛け、団子状態で直線に入ります。直線で全馬激しい競り合いをしますが、最内をついたSarah Lynx(牝4)が一気に突き抜けて2着に4馬身差をつけて勝利しました。1頭だけ全く違う脚を使った非常に強い勝ち方でした。

1着:Sarah Lynx(サラリンクス)の父:Montjeu(モンジュー)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>