2011年 BCスプリントの馬柱と予想

馬名 騎手 ベイヤー指数 オッズ
1 Euroears R. Bejarano 62, 105, n/a 5-1
2 Giant Ryan C. Velasquez 104, 98, 105 8-1
3 Aikenite J. Castellano 93, 100, 99 15-1
4 Hamazing Destiny R. Albarado 88, 97, 91 15-1
5 Jackson Bend C. Nakatani 112, 107, 108 3-1
6 Force Freeze J. Velazquez 103, 101, n/a 10-1
7 Amazombie M. Smith 104, 100, 99 6-1
8 Big Drama R. Dominguez 88, 120, 108 2-1
9 Apriority J. Rosario 78, 99, 100 20-1

去年のBCスプリント覇者、Big Dramaが1番人気に支持されそうです。出走予定だったVosburgh Invitational S(G1)を発熱で回避した点が気にかかりますが、力は圧倒的上位です。今回9頭と少数頭になったことによって、先行争いが緩和されそうな点はBig Dramaにとって好都合ではないでしょうか。力を出せる状態であれば、高い確率で勝ちそうです。

2番人気に支持されそうなのが、Jackson Bendです。前走のKelso Hでは果敢にもUncle Moに挑みましたが直線で突き放されて完敗してしまいました。Uncle Moには完敗はしましたが、この馬も後続に8馬身差をつけて好タイムの2着ですので悲観する内容ではないと思います。ただ、Jackson Bendはこれまで7ハロン以上のレースを中心に出走してきたため、最初の2ハロンが21秒前半が予想されるBCスプリント独特のラップに適応できるのかどうかが多少疑問に感じます。

3番人気にはEuroearsが支持されそうです。前走のVosburgh Invitational Sは出遅れと馬場が悪かったためレースを止めさせたようですが、逆にダメージが残らずにBCスプリントに出走できるのはよかったのではないでしょうか。逃げたい馬ですので、同系のBig Dramaとの兼ね合いが鍵になりそうです。調教を見ると、5fで、56.6秒、57.8秒と異常に速いタイムを叩き出しているだけに不気味です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>