2011年 BC Juvenile(ジュベナイル)(G1)の結果

2011年11月05日 Breeders’ Cup Juvenile  1 1/16マイル (1700m) チャーチルダウンズ 2歳
23.1   47.1   1:12.1   1:37.3   1:44.2
ベイヤー指数:94
順位 馬番 馬名 騎手 着差 オッズ
1着 5 Hansen R. Dominguez 1:44.2 7.1
2着 10 Union Rags J. Castellano 頭差 1.1
3着 7 Creative Cause J. Rosario 1馬身 5.9
4着 2 Dullahan K. Desormeaux 5馬身差 17.7
5着 1 Take Charge Indy J. Graham クビ差 25.4
6着 3 Crusade J. Leparoux 2 1/4馬身 27.5
7着 12 Fort Loudon L. Jurado 1/2馬身 54.1
8着 13 Optimizer R. Albarado 2馬身 32.4
9着 8 Speightscity G. Gomez 1/2馬身 41.9
10着 4 Ultra Blend C. Nakatani 6 1/2馬身 9.0
11着 9 Alpha G. Gomez 1 1/4馬身 13.9
12着 11 Daddy Long Legs R. Moore 頭差 11.8
13着 6 Prospective L. Contreras 3/4馬身 41.3

2走前のSaratoga Special S(G2)を7 1/4馬身差でぶっちぎり、前走のChampagne S(G1)を5 1/4馬身差で勝利しているUnion Ragsが断然の1番人気に支持されます。離れた2番人気にNorfolk S(G1)の勝馬、Creative Causeが支持されます。

ゲートが開き、Hansenが素晴らしいスタートを切り先頭に立ちます。最初の2ハロンを若干速いラップを刻みますが、2ハロンを超えた辺りから落ち着き、平均的なラップを刻み始めます。人気のUnion Ragsは先頭から5馬身ほど離れた6番手を追走します。ほとんど競り合いもなくHansenが先頭で直線を迎えます。外からUnion Ragsが1歩完ごとにHansenとの差を詰めますが、左鞭が入ると大きく右に寄れてしまい、Hansenとの差が開いてしまいます。再度態勢を立て直してHansenに詰め寄りますが、頭差届かずに負けてしまいました。

勝ったHansenは最初の2ハロンに速いラップを刻みながらも最後までしっかり走りきり見事な勝利でした。逆にUnion Ragsは直線で寄れてしまったのが悔やまれます。2走前のSaratoga Special S(G2)も直線で左鞭が入り、右に激しく寄れていて、今回も悪い癖がでてしまいました。

1着:Hansen(ハンセン)の父:Tapit(タピット)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>