2011年 Clark H(クラークH)(G1)の結果

2011年11月25日 Clark H 1 1/8マイル (1800m) チャーチルダウンズ 3歳以上
23.4   48.1   1:12.4   1:36.3   1:48.4
ベイヤー指数:105
順位 馬番 馬名 騎手 着差 オッズ
1着 11 Wise Dan J. Velazquez 1:48.4 4.5
2着 5 Mission Impazible J. Castellano 3 3/4馬身 7.1
3着 6 Flat Out A. Solis 2 3/4馬身 2.4
4着 9 Mister Marti Gras R. Maragh 1 1/4馬身 19.2
5着 1 Ruler On Ice G. Gomez 1/2馬身 4.5
6着 8 Headache E. Prado 頭差 9.3
7着 2 Alma d’Oro J. Castanon 3 1/2馬身 50.7
8着 10 Will’s Wildcat C. Borel 1 1/4馬身 21.5
9着 12 Prayer for Relief R. Bejarano ハナ差 7.9
10着 4 Stately Victor V. Lebron 4 1/4馬身 61.3
11着 1 Ruler On Ice G. Gomez 1馬身 79.4
12着 7 Pleasant Prince R. Bejarano 2 3/4馬身 23.5
13着 13 General Quarters J. Court 1馬身 35.4

Jockey Club Gold Cup(G1)の勝馬で、前走BCクラシック(G1)で5着に敗れたFlat Outが1番人気に支持されます。2番人気にベルモントS勝馬で同じくBCクラシックで3着だったRuler On Iceが支持されます。

ゲートが開き、Will’s Wildcatが先頭に立ち、淀みないペースでレースを引っ張ります。人気のFlat Outは先頭から6馬身ほど離れた6番手、2番人気のRuler On IceはFlat Outからさらに1馬身ほど後ろの8番手を追走します。4コーナーあたりで2番手を追走していたMission ImpazibleがWill’s Wildcatを交わして果敢に先頭に立ちます。しかし直線入り口で道中3番手を追走していたWise Danが早々とMission Impazibleを抜き去ります。直線でも全く脚色が衰えることなく、Wise Danが2着のMission Impazibleに3 3/4馬身差をつけて勝利しました。Wise Danの最後の脚色などを見ると、まだまだ余裕があるようで相当の器の馬に見えました。前走のFayette S(G2)も好タイムで2着に4馬身差をつけて圧勝していることなどを考えると、来年の古馬陣では要注目の馬です。

1着:Wise Dan(ワイズダン)の父:Wiseman’s Ferry(ワイズマンズフェリー)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>