2011年 CashCall Futurity(キャッシュコールフューチャリティー)(G1)の結果

2011年12月17日 CashCall Futurity 1 1/16マイル (1700m) ハリウッド 2歳
23.1   46.4   1:11.0   1:36.2   1:42.4
ベイヤー指数:91
順位 馬番 馬名 騎手 着差 オッズ
1着 9 Liaison R. Bejarano 1:42.4 5.1
2着 8 Rousing Sermon J. Talamo クビ差 13.6
3着 2 Brother Francis V. Espinoza 1 1/2馬身 12.2
4着 6 Sky Kingdom G. Gomez 1/2馬身 8.2
5着 4 Empire Way J. Rosario 1/2馬身 21.9
6着 7 Blingo M. Smith ハナ差 6.1
7着 1 Handsome Mike R. Bejarano ハナ差 14.3
8着 10 Cozzetti J. Leparoux 4 1/4馬身 14.6
9着 5 Drill M. Garcia クビ差 6.2
10着 11 Majestic City R. Dominguez 2 3/4馬身 3.0
11着 12 Basmati H. Berrios 5 1/4馬身 31.2
12着 13 Desormais D. Flores 4 1/2馬身 32.6
13着 3 Groovin’ Solo A. Quinonez 87.7

2走前にDixiana Breeders’ Futurity(G1)で2着、前走のBC Juvenile Turf(G1)では3番人気に支持されながらも13着に大敗したMajestic Cityが1番人気に支持されます。2番人気に前走、Real Quiet S(OP)を勝利したLiaisonが支持されます。

ゲートが開き、Handsome Mikeが先頭に立ちますが、Drillが掛り気味に競り合ってしまい、速いペースでレースが流れます。1番人気のMajestic Cityは先頭から1馬身ほど離れた3番手を追走、2番人気のLiaisonは先頭から3馬身ほど離れた3番手を追走します。直線に入ってすぐにLiaisonが抜け出しますが外からRousing Sermonが強襲してきますが、最後は首差凌いでLiaisonが勝利しました。

1着:Liaison(リエイソン)の父:Indian Charlie(インディアンチャーリー)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*