2005年エクリプス賞、Horse of the Year(年度代表馬)、Saint Liam(セイントリアム)

Saint Liam(セイントリアム) 5才牡馬

馬主:ウィリアム&スーザン・ウォーレン夫妻
調教師:リチャード・デュトローJr→ボビー・フランケル→リチャード・デュトローJr
生産者:エドワード・P・エヴァンズ
父:Saint Ballado(セイントバラード) 母:Quendom(Quiet American)
Saint Liam(セイントリアム)の2005年の成績
10月29日 BC Classic.-G1 ベルモント 1着 Bailey J D
9月10日 Woodward Stakes-G1 ベルモント 1着 Bailey J D
8月6日 Whitnely Handicap-G1 サラトガ 2着 Prado E S
6月18日 Stephen Foster Handicap-G1 チャーチルダウンズ 1着 Prado E S
3月5日 Santa Anita Handicap-G1 サンタアニタ 6着 Prado E S
2月5日 Donn Handicap-G1 ガルフストリーム 1着 Prado E S

2005年のエクリプス賞はBCクラシックを1番人気で制したセイントリアムが254票中194票を獲得して年度代表馬に選出されました。プリークネスステークス、ベルモントステークスを圧勝したアフリートアレックスも候補に挙がりましたが、古馬戦線でG1を4勝している点が考慮されSaint Liamが選出されました。

セイントリアムは4歳の半ばまでは、なかなか勝ちきれない馬でしたが、ウッドワードステークスで別馬のようなレースをします。アメリカ史上最強馬でも名前が挙げられるぐらいの当時の最強馬、ゴーストザッパーを相手に、猛ペースの中、一歩も引かずに鼻差の争いをします。首差で負けてはしまいますが、誰もが負けて強しと評価するレベルの高いレースでした。

明けて2005年からセイントリアムは完全に本格化します。2005年初戦に選ばれたドンHでは、前年のBCクラシック2着、後にドバイワールドカップを勝つロージズインメイを3馬身3/4差で降します。次走のサンタアニタHでは大外枠が響いて6着に終わりますが、その後のスティーヴンフォスターHでは、しっかり完勝します。

セイントリアムがG1を2勝した頃、前年の年度代表馬でメトロポリタンHを圧勝したゴーストザッパーが屈腱炎を発症し引退してしまいます。この引退によりセイントリアムが2005年の古馬の中心馬として押し出されます。しかし、ホイットニーHで断然の人気になりますが、快調に逃げた軽ハンデのコメンテイターを捕まえ切れず首差で敗れてしまいます。その後、ウッドワードステークスを完勝しBCクラシックに向かいます。

BCクラシックではセイントリアムが1番人気に推されますが、パシフィッククラシックSを勝ち、前走のジョッキークラブ金杯を圧勝したボレゴが差のない2番人気に推されます。ゲートが開くとセイントリアムはいつでも前を捕まえられる好位置を追走し、直線で早め先頭に立ち危なげなく勝ちます。2番人気のボレゴは全くいいところがなく完敗でした。このBCクラシックの勝利によってセイントリアムが2005年の年度代表馬に選出されます。

Saint Liam(セイントリアム)のレース映像
2005年 BCクラシック ベルモント 2000m
47.3   1:12.1   1:36.4   2:01.2
ベイヤー指数:112
1着:Saint Liam(セイントリアム) 2:01.2
2着:Flower Alley(フラワーアレイ) 1馬身
3着:Perfect Drift(パーフェクトドリフト) 1 1/2馬身

Sun King(サンキング)が先手を奪い平均ペースでレースが流れます。3角あたりで前がバテ始め、徐々に隊列が縮まります。3角から4角の中間辺りで一斉に全馬仕掛けます。外から上がっていったセイントリアムが直線入り口で早々と先頭に立ち押し切ります。2着との着差は1馬身しかありませんが、全く危なげのない余裕のあるレースぶりでした。

2005年 ウッドワードS ベルモント 1800m
45.2   1:10.1   1:36.4   1:49.0
ベイヤー指数:106
1着:Saint Liam(セイントリアム) 1:49.0
2着:Sir Shackleton(サーシャックルトン) 2馬身
3着:Commentator(コメンテイター) 12 1/2馬身
2005年 ホイットニーH サラトガ 1800m
46.2   1:09.3   1:34.4   1:48.1
ベイヤー指数:123
1着:Commentator(コメンテイター) 1:48.1
2着:Saint Liam(セントリアム) クビ
3着:Sir Shackleton(サーシャックルトン) 9馬身
2005年 ステファンフォスターH チャーチルダウンズ 1800m
46.4   1:10.4   1:35.0   1:47.2
ベイヤー指数:111
1着:Saint Liam(セントリアム) 1:47.2
2着:Eurosilver(ユーロシルヴァー) 2馬身3/4
3着:Perfect Drift(パーフェクトドリフト) 2馬身3/4
2005年 サンタアニタH サンタアニタ 2000m
46.1   1:10.4   1:35.3   2:01.1
ベイヤー指数:101
1着:Rock Hard Ten(ロックハードテン) 2:01.1
2着:Congrats(コングラッツ) 1馬身3/4
3着:Borrego(ボレゴ) 1馬身
6着:Saint Liam(セイントリアム) 4馬身
2005年 ドンH ガルフストリーム 1800m
47.1   1:11.0   1:35.4   1:48.2
ベイヤー指数:114
1着:Saint Liam(セイントリアム) 2:01.1
2着:Roses in May(ロージズインメイ) 3馬身3/4
3着:Eddington(エジソン) 3/4馬身

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>