2011年クラシック戦線の回顧

2011年のクラシック戦が終わりました。今年も残念ながら3冠馬は出ませんでした。毎年のことですが、アメリカ競馬の3冠の難しさを改めて実感しました。

今年の3冠は、ケンタッキーダービーをアニマルキングダム、プリークネスステークスをシャックフォード、ベルモントステークスをルーラーオンアイスとそれぞれのレースで勝ち馬が変わりました。そのなかでも、アニマルキングダムはダービー1着、プリークネス2着、ベルモントは不利があって6着と、世代ではトップの実力がありそうです。シャックルフォードはクラシックディスタンスよりも短い距離がよさそうです。ルーラーオンアイスはベルモントステークスだけしか走っていないため評価が難しいです。今後の活躍に期待します。

今年の3歳のレベルですが、あまり高くなさそうです。タイムもよくありませんし、ベイヤー指数も非常に低い数字になっています。以下に今年のクラシックレースと他のクラシックレースのベイヤー指数の比較をします。

ケンタッキーダービー
2011年ケンタッキーダービー勝馬、アニマルキングダムのベイヤー指数・・・103
過去20年のケンタッキーダービー勝馬の平均ベイヤー指数・・・108
アニマルキングダムのベイヤー指数順位(過去20年中)・・・19位
2011年ケンタッキーダービー上位3頭の平均ベイヤー指数・・・100.3
過去20年のケンタッキーダービー上位3頭の平均ベイヤー指数の平均指数・・・105.2
2011年ケンタッキーダービーの上位3頭の指数順位(過去20年中)・・・18位
プリークネスステークス
2011年プリークネスステークス勝馬、シャックルフォードのベイヤー指数・・・104
過去20年のプリークネスステークス勝馬の平均ベイヤー指数・・・109
シャックルフォードのベイヤー指数順位(過去20年中)・・・16位タイ
2011年プリークネスステークス上位3頭の平均ベイヤー指数・・・102.7
過去20年のプリークネスステークス上位3頭の平均ベイヤー指数の平均指数・・・105.1
2011年プリークネスステークスの上位3頭の指数順位(過去20年中)・・・16位
ベルモントステークス
2011年ベルモントステークス勝馬、ルーラーオンアイスのベイヤー指数・・・?
過去20年のベルモントステークス勝馬の平均ベイヤー指数・・・105
ルーラーオンアイスのベイヤー指数順位(過去20年中)・・・?位
2011年ベルモントステークス上位3頭の平均ベイヤー指数・・・?
過去20年のベルモントステークス上位3頭の平均ベイヤー指数の平均指数・・・102.2
2011年ベルモントステークスの上位3頭の指数順位(過去20年中)・・・?位

現時点でベルモントステークスのベイヤー指数はでていませんが、タイムを考えるとあまり高い数字がでるとは考えにくいです。

クラシック戦線を戦った馬たちの今後のローテですが、アニマルキングダムはアーリントンカップかハスケル招待のどちらかにすすむそうです。オーナーとしてはエクリプス賞を目標にローテーションを組むそうです。ルーラーオンアイスは全くの未定だそうです。ハスケル招待に向かうことが予想されますが、既に出走を予想している同厩のパンツオンファイアーとの兼ね合いが気になります。シャクルフォードはハスケル招待、ベルモントステークス2着のステイサースティーと3着のブリリアントスピードはジムダンディーステークスに向かうそうです。ネーロはベルモントステークスで、チップが踵に刺さってしまったそうで治療が予定され、次走は未定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>